Home > BLOG > WordPress

WordPress Archive

WordPress2.8.1 日本語版が出た。

過去の例を見てると、だいたい本家から1日か2日後にはリリースされている。

WordPress 2.8.1 がリリースされた。

WordPress 2.8.1 がリリースされた様子。
日本語版はまだ。

PHP5.3.0とerror_reporting

PHP 5.3.0上になってから、定数が増えていますが、こういった拡張される仕様を想定していない部分で、予想外にログが出てしまう。
どういった修正がいいか、対策方法を検討中。

WordPressの認証をGWTで引き継ぐ。

WordPress内のコンテンツおよび、同じ階層に配置したPHPコードについて、WordPressの認証を引き継ぐ形で連携出来ることが分かった。これで、クライアントコードをJavaで記述するメドが立つ。

Artisteerのライセンス購入

本日、Artisteerのライセンス購入。

業務での使用のため、最終的には会社の経費で落としてもらう予定。

WordPress以外での出力も試してみたいところ。

cforms IIのインストール時にエラー CREATE TABLE に失敗。

テーブルの自動生成に失敗してしまった様子。「cforms-global-settings.php 」の記述から、CREATE TABLE 文を見つけ出し、手動で実行したところ、使えるようになった。

CREATE TABLE wp_cformssubmissions (
id int(11) unsigned auto_increment,
form_id varchar(3) default '',
sub_date timestamp,
email varchar(40) default '',
ip varchar(15) default '',
PRIMARY KEY  (id) );

CREATE TABLE wp_cformsdata (
f_id int(11) unsigned auto_increment primary key,
sub_id int(11) unsigned NOT NULL,
field_name varchar(100) NOT NULL default '',
field_val text);

「wp_」の部分は各自の環境に合わせて変更が必要。

WordPress 2.8 日本語版への自動アップグレード

↓↓↓↓↓2009/06/14 追記 ↓↓↓↓↓
自動アップグレードはサーバ上のファイルが削除されてしまう場合もあるようです。幸い私は遭遇しませんでしたが、
バックアップなどを取ってからおこなうべきですね。
↑↑↑↑↑2009/06/14 追記↑↑↑↑↑

↓↓↓↓↓2009/06/14 追記 ↓↓↓↓↓

自動アップグレードはサーバ上のファイルが削除されてしまう場合もある

ようです。幸い私は遭遇しませんでしたが、

バックアップなどを取ってからおこなうべきですね。

↑↑↑↑↑2009/06/14 追記↑↑↑↑↑

WordPress 2.8日本語版への自動アップグレードを使ってみた。

1、ダッシュボード右下の「バージョン2.8を入手」をクリック。

update1

2、「自動アップグレードを実行」をクリック。

update2

3、もうおわり?っていうくらい早くて簡単だった。

update3

Artisteerを試した。

WordPress(他にJoomla!やDrupalにも対応 )のテーマ作成ツールのArtisteerを試した。

インストール時に日本語を選択可能。かなりいい感じ。ツールの日本語訳部分には誤訳もあるが、問題はないレベル。

SELENE.GA4K

Add Your Own Headers

こちらのサイトを参考に「Add Your Own Headers」プラグインを追加。

ホーム > BLOG > WordPress

Search
Feeds
Meta

Return to page top